松徳硝子フェア 開催!!
2014.7.1(Tue) - 2014.8.31(Sun)

2014.06.30 23:35 PM [NEWS]

7/1(火)より、松徳硝子フェアを開催致します。


yoko.jpg
繊細で美しい作りと口当たりの良さが人気の「うすはり」グラスをはじめ、暑い夏に向けて用途、サイズ、デザイン等、種類も豊富に取り揃えております。


また、2012年よりスタートした松徳硝子とSTITCH TOKYOによる特注限定商品。
今年は一昨年大好評だったハイボールグラスに改良を加え、グレードアップした2014年版の「特注ハイボールグラス 弐」が出来上がりました!


_KEI3209.jpg
氷を入れて使う事を想定し、うすはりよりも若干の厚みを持たせました。
一般的なハイボールは、ジョッキなどの重厚なグラスで飲む事が多いと思いますが、うすはりのように繊細な飲み口とシャープなフォルムを楽しんで頂けるよう心掛けて、型からおこして商品化しました。
ウイスキーなどのソーダ割り用としてはもちろん、日常用のグラスとして多用途にお使い頂けます。

専用の桐箱入りなので、贈り物に最適です。


松徳硝子 特注ハイボールグラス 「弐」 1個入り
PRICE : 2,300 yen (+TAX)



松徳硝子 特注ハイボールグラス 「弐」 2個入り
PRICE : 4,400 yen (+TAX)


更に、松徳硝子製品を税込¥5,000以上お買上げの方に、2014年ロゴ入り特製グラスをプレゼント致します。


20140624.jpg
こちらは数量限定となりますので、どうぞお早めに!




<松徳硝子>
1922年(大正11年)に東京市本所区中之郷瓦町に丸佐バルブ製造所として、主に電球用ガラスの製造を開始。その後、現在地(東京都墨田区錦糸)に移転し、ガラス食器、工芸ガラスの製造を始めた老舗ガラスメーカー。1958年に社名を「松徳硝子株式会社」に変更し、電球用ガラスで培ったノウハウを活かして「うすはりグラス」を世に送りだす。うすはり"の"はり(玻璃)"とは、ガラスを意味する言葉で、その卓越した職人技から厚さ0.9mm、通常のグラスの半分以下という、極限の薄さの実現を可能に。またこの薄さの硝子制作の製法は「江戸硝子」として東京都の伝統工芸品指定を受けている。




こちらについてのご質問、お問い合わせは

STITCH TOKYO
TEL : 03-3240-1950
WEEKDAYS & SATURDAYS 11:00 - 21:00
SUNDAYS & HOLIDAYS 11:00 - 20:00
E-MAIL : info@stitch.jp

INTERNATIONAL ORDERS

>>STITCH Facebook


pagetop
loading ...
ARCHIVES
2016 [  1 4 ]
2015 [  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ]
2014 [  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ]
2013 [  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ]
2012 [  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ]
2011 [  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ]
2010 [  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ]
2009 [  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ]
2008 [  3 7 8 10 11 ]
CATEGORIES
  • NEWS
  • INTERIOR
  • CLOTHING
  • ZAKKA
  • CULTURE
  • TOYS
  • EXHIBITION
  • SPECIAL
  • BUZZ
  • WHOLESALE


STITCH_Rakuten

[古物営業法に基づく表記]
東京都公安委員会
古物商許可
第303310807053号
株式会社 STITCH JAPAN